2014 J2第29節 京都vs北九州に行ってきた

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #01
よく考えると2012年から3年連続な北九州戦に行ってきました。一昨年はアツタカの一発で勝ち、昨年はセットプレー失敗からのカウンターで敗戦、そして今年は引き分けと結果も見事に別れましたがウチの出来としては年々下降線を辿ってる様でなんとも。最近好調でかなり強いとの噂だった北九州は今日はそんなでもなかっただけに、ここ数試合ずっとそうですが、最後の詰めが出来ない原因は一体どこにあるのやら。


2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #02
にしても前半は正直どうしたいのかよくわからないんですよね。そもそもドウグラスをあんな位置に置くことに一体何の意味があるのかさっぱりわからない。一応解説なんか読んでそういう理論なのはわかりますが、実際問題として成功してる様には見えなかった。

それでサイドからの攻撃でそこそこ惜しい感じのシーンもあった気はするんですが、右はいつも通り石櫃のクロスだけだし、左は山瀬と駒井の個人突破だけと攻撃がワンパターン過ぎて中を固めてるDF陣が崩れてないので入りそうな気配が全く無い。そこに横谷が変化を付けようと変わった位置に走りこんでも中盤の選手が怖がってパス出さない・・・というか見てないんでしょうね、多分。それでまた石櫃のクロスに逃げるという悪循環から突っ込むのも大黒だけと、そりゃ点なんか入るわけがないよなと。

ただ今日は珍しくコーナーは結構良かったのですが、こういう時に限って入らない。1本目で仕留められてたらかなり楽だったのですが、その後のコロコロと数十センチまで迫ったのも頭抱えましたね。

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #03
で、後半は工藤ちゃんが入った直後にトップに上がったドウグラスが決めて(これも皮肉な話な気がしますが)畳み掛けれそうだったのにそうはならず。そうこうしてる内に選手交代で後手を踏んでタイムアップというまたしてもな展開。やっぱり田村君と石田君入れるのがあまりにも遅すぎたと思うんだけど。今日のベンチメンバー見る限り、リードしてて守備固めかDFの怪我以外じゃこの2人を使うしか手は無いよね?っていう。って、なんかこれ去年も言ってた気がするぞ。なんで監督2人も変わってんのに悪癖だけ残るんだと。

あともう一つ気になったのは試合中にボールから集中切ってる選手が何人も丸わかりなレベルでみられるのも相当ヤバいと思う。なんというか雰囲気が2010年の頃と似てきてる様な。

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #04
そんなこんなで試合は1-1で終了とここ最近のチーム状況を考えると妥当な所でしょうか。それとも昨年の様にカウンター一発で沈まなかっただけ良かったというべきか。それと試合後の挨拶なんか見てると微妙に気になるようなことがある気がしないでも無いですが・・・まぁいいか。


2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #05
最近追加で発売されたらしいコラボ商品のミッキー先輩。ボールチェーンが付いてるキーホルダータイプで値段もお手頃。ファンクラブ割引と来場ポイントの500円チケットを使って862円でした。タグを見ると大手おもちゃメーカーが作ってるみたいなので品質もそこそこいいんじゃないでしょうか。

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #08
サインボール投入準備中のパーサくん。南スタンドは選手が来ないのでパーサくんが代わりにって感じでしょうか。しかし前回行った福岡戦の時はあったっけか、記憶に無い。それとも20周年記念事業の関係なのだろうか。

そうそう、その20周年記念事業ですが実は私も母の知り合いからチケット引換券を貰いまして。某所によるとどうも後援会員辺りに配られてるものらしいですが、私みたいな最果てにも回ってくるところを見るに効果はあまり期待出来そうもないような。ベースラインが1万ぐらいになればまた違うんでしょうけどなかなかね。てか自分で言うのも何ですが、バラ撒きやってそれに引っかかってドツボにハマる私みたいな変人って実際そんなにいないと思うんですよね。

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #07
パーサくんが南スタンドで仕事している間、監督業に勤しむコトノちゃん監督。もうこれで・・・いやなんでもないです。

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #06
本日のゲストゆるキャラのたけにょん。今年生まれたばかりな竹で有名な西京区のマスコットらしい。子供向けにうちわとか紙帽子を配ってたりと色々PRもしてたみたい。

2014/08 J2第29節 京都vs北九州 #09
本日のマッチデープログラムは石田君と岩瀬君の市船コンビ。今日の試合も石田君がもっと見たかったんですけど。ボール持った瞬間、前の空いてるスペースからゴールへ一直線で駆け上がろうとしたシーンは良かったです。磐瀬君はデビュー戦で怪我をしてしまったのが残念でしたが、こちらも早く西京極で見れたらいいですね。

Tiesto - Club Life #385

Tiesto's Club Lifeは第385回。
Tiesto's Club Life on 3FM - A Town Called Paradise

毎年恒例3FMの夏フェス番組でなんか放送がよくわからない感じでしたが、今週は久しぶりにEDMメイン。

6曲目のAmerican Authors - Believer (Tiesto Extended Remix)はA Town Called Paradiseのコラボの流れでのリミックスだと思われますがこれがなかなか。中盤と終盤からアウトロに抜ける辺りの長い音のベースが好き。12曲目のDVBBS - We Were YoungはなんだかGold Skiesの応用の様な曲ですがこれも結構気に入ってたり。 ていうかGold Skiesのあのボーカルをループさせる展開はあまり聞いたこと無い感じだなと思ってたんですがやっぱりDVBBSの担当パートなんですね。

以下プレイリスト。

続きを読む ≫
Tiesto - Club Life #384

Tiesto's Club Lifeは第384回。
Tiesto's Club Life on 3FM - A Town Called Paradise

今週もDeep HouseでHour 2のゲストミックスはOliver Heldens。昨年末にリリースされたGeckoが大ヒットしまして、今年1回目のCLの時にももしかしたらブレイクするんじゃとか書いてましたがやはりでしたね。最近Spinnin'からリリースされたOverdriveやKoalaもいいですし。そういえばSoundcloudなんかでGeckoのベースラインを真似したような曲も見られるようになった辺りこの曲のインパクトは大きかったみたいですね。

以下プレイリスト。

続きを読む ≫
Tiesto - Club Life #383

Tiesto's Club Lifeは第383回。
Tiesto's Club Life on 3FM - A Town Called Paradise

今週はDeep HouseセットでHour 2はFrancesco Rossiのゲストミックスです。

4曲目 Sam Feldt & De Hofnar - Bloesem

7月下旬にSpinnin' Deepからリリースされた曲で最近お気に入りのこの曲。正直言うとジャケットが綺麗だったのでそれに釣られたのですが、試聴してみるとこれが曲もなかなか。Deep House回の時はいつも言ってますが、私はやはりそっちは専門では無いので昔からある様なガチガチな曲よりも、少しライトなProgressive House寄りの曲の方が聴きやすくていいんですよね。

以下プレイリスト。

続きを読む ≫
Tiesto - Club Life #382

Tiesto's Club Lifeは第382回。
Tiesto's Club Life on 3FM - A Town Called Paradise

オープニングのBasement Jaxx - Never Say Neverは最近Tiesto & MOTiのリミックスもリリースされやつですね。Basement Jaxxというと2009年にTiestoがよく使ってたRaindrops (Robbie Rivera Club Mix)が私は大嫌いでして未だにトラウマがあったりしますが、まぁ流石に今回のミックスはMOTiさんのクラシカルなHouse路線っぽいので大丈夫かなと。

4曲目 TST & Moguai & Amba Shepherd - Real Life

昨年ネット配信されたZiggo Domeのライブの時はまだIDとなってたこの曲ですが、先月になってようやくリリースされました。イントロの所の音を聞く感じWastedのTST Remixにも似てますよね、この辺は明確に音を変えてるのかまた違ったスタッフが関わってるのかなとか思ったり。

そういえばZiggo Domeで思い出したけどAirwaveのID Remixは結局まだわからないのか、towloudの噂が一番それっぽい気はするけど。

20曲目 Kim Fai - Dilemma

エレクトロな音ですがTranceっぽいリフや長めのブレイクなんかがいい感じで結構気に入ってたり。CLでは2012年にリリースされたAN21 & Max VangeliとのStory以来ですし久々ですね。私は同じ2012年のPetrichor (Original Mix)も好きだったのですが、それ以来あまりピンと来る曲が無かったのでそういう意味でもいいかなと。

以下プレイリスト。

続きを読む ≫
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10